個人情報保護方針

このページの一番上へ

個人情報保護の取扱いにあたって

健康保険組合では、被保険者・被扶養者の皆様の個人情報を取扱っています。

健康保険組合で取扱う個人情報は氏名、年齢以外にも医療機関での受診記録などの医療情報が含まれており、特に適正な取扱が求められています。
今までも個人情報は慎重に取扱ってきましたが、今後も個人情報保護法を遵守し、十分に配慮して適切に管理したします。

個人情報保護法のポイント

1. 利用目的の特定・目的外の利用制限
2. 利用目的の通知・公表
3. 個人情報の適正な取得、個人データ内容の正確性の確保
4. 安全管理措置、従業員および業務委託先の監督
5. 個人データの第三者への提供を制限
6. 個人データの開示、訂正、利用停止

個人情報保護への取り組み

当組合では、個人情報の保護について以下のような考えにもとづき、取り組みをすすめていくことをお知らせします。

健康保険組合は、健康保険法が定める目的「労働者の業務外の事由による疾病、負傷もしくは死亡または出産およびその被扶養者の疾病、負傷、死亡または出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする」に沿って事業を行っています。また、健康保険法では、「保険者は、健康教育、健康相談、健康診査および被扶養者の健康の保持増進のために必要な事業を行うよう努めなければならない。」とも規定されています。

このように当組合は、被保険者やそのご家族の皆様の病気やケガの治療費をみるだけでなく、出産や死亡されたときの費用も補助し、病気やケガ、出産のため一時的に収入がなくなった場合には生活費の補助もします。さらに、皆様の健康の維持増進のために健康教育、健康相談、健康診査など必要な事業も行っています。

皆様の個人情報は、当組合が以上のような事業を行い、皆様に対しサービスを提供していくためになくてはならないものであり、その情報を完全に保管し、取扱うことを最大の課題と認識し、事業活動にかかわる全役職員および関係者に徹底いたします。

事 前 同 意 の 確 認

当組合が従来から実施している下記の業務は、個人情報保護法施行後も引き続き実施いたします。実施することについてご同意いただけない場合は文書にて(被保険者およびご家族から)当組合までお申し出願います。

同意いただけない旨の文書の提出がない場合は、同意いただいたものとして取扱います。
1.医療費通知を世帯まとめて通知すること。
2.成人健康診査の結果を健診機関から健保控分として徴求すること。
3.被保険者の健康管理、健康維持・増進のため健診データを事業主と共同利用すること。

当組合が保有する個人情報の利用目的の公表について

太陽生命健康保険組合におきましては、被保険者やその家族からいただいた各種届出や申請書などに記載されている個人情報、医療機関等に受診された際に、医療機関等から当組合に請求される「診療報酬明細書」に記載されている個人情報、健康診断を受けられた際の健診結果数値等の個人情報を基に、個人情報データベースを作成し、以下のような健康保険事業に利用いたします。

当組合の個人情報の利用目的は、大きな意味では、健康保険法に定める「加入者の業務災害以外の疾病、負傷もしくは死亡または出産に関する保険給付を行う」ことを目的とし、「加入者の健康の保持増進のために必要な事業を行う」こととなります。

しかしながら、健康保険組合は、レセプトや健診データなど医療情報やその他の個人情報を数多く取り扱っており、加入者の強い信頼を必要とする事業に該当し、厚生労働省が示したガイドラインにおいて、より詳細で限定的な目的とすることが望ましいこととされております。

したがって、当組合においては、個人情報の利用目的や利用方法について、次のように公表いたします。

太陽生命健康保険組合が保有する個人情報の利用目的の公表について

プライバシーポリシー

太陽生命健康保険組合は、加入者個人に関する情報を適切に保護する観点から、以下の取り組みを推進します。

プライバシーポリシー

個人情報相談・お問い合せ窓口

担当:事務長(短縮109)
受付時間 9:00〜17:00(営業日のみ)
TEL 03-5767-7123  FAX 03-3764-3760