立て替え払いをしたとき

 被保険者または被扶養者が、病気やケガをしたときは、保険証を提示して保険診療を受けるのが原則です。しかし、事情によってはそうできない場合があります。たとえば、旅先で急病になって保険証を持っていなかったときなどのような場合です。
 これらの場合は、本人がとりあえず医療費を全額支払い、あとで健康保険組合に請求をして現金で支払いを受けることになります。
 この方法はあくまで例外で、健康保険組合が現物給付を受けることがむずかしいと認めたとき、またはやむを得ないと認めた場合以外は支給されません。
 このような給付を「療養費(被扶養者の場合は第二家族療養費)」といいます。立て替え払いには、このほか入院・転院などの際の移送費、輸血の際の血液代、医師の指示によって柔道整復師やマッサージ師などの手当を受けた場合の代金などがあります。

該当するケースとその手続き 〜全額自己負担したとき〜

こんなとき

やむをえず保険医以外の医療機関で受診したときや被保険者証等を提出できなかった。

以前加入していた被保険者証等を使用してしまった。

医師が必要と認めた補装具(コルセット等)を購入した。

小児(9歳未満)の弱視等の治療用眼鏡及びコンタクトレンズを購入した。
(弱視等:斜視及び先天白内障術後の屈折矯正を含む)

医師の指示に基づき弾性着衣を購入した。
(弾性着衣:ストッキング・スリーブ・グローブ等)

医師の同意・指示により、はり・灸・あんまなどの施術を受けた。

海外で医療を受けた。

輸血をしたときの生血代

お手続きについてはこちら

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。
書類は健保に直接ではなく、総務・人事担当者に提出してください。

Adobe(R) Reader Rogo

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

このページの一番上へ