特定健診・特定保健指導

説明新しい健診・保健指導当健保の実施の流れ

特定健康診査・特定保健指導

平成20年度から「高齢者の医療の確保に関する法律」にもとづき健康保険組合などの医療保険者に対して、生活習慣病予防のため、40歳〜74歳の被保険者および被扶養者を対象にメタボリックシンドロ−ム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査・特定保健指導の実施が義務付けられました。
当健保において20年度保険事業から取組をスタートしています。

1.40歳〜74歳の被保険者および被扶養者が「人間ドック健診」を受診した場合、「人間ドック健診」の検査項目は「特定健康診査」の検査項目を包含しているため、「特定健康診査」を受診したことになります。

2.「特定健康診査」の結果、「メタボリック」と判定され、「特定保健指導」の受講対象となる場合があるため、下記の検査項目について不安がある方は「人間ドック健診」を早めに受診するようお願いします。

  メタボリック判定の目安

1

腹囲が男性:85cm、女性:90cm以上の方またはBMIが25以上の方

2

空腹時血糖値が100mg/dl 以上またはHbAlc 5.6以上の方

3

中性脂肪150mg/dl、またはHDLコレステロール40mg/dl未満の方

4

収縮期血圧130mmhg 以上または拡張期血圧85mmhg以上の方

5

1〜4いずれかの指摘に加えて「喫煙」習慣のある方

3.「特定保健指導」について、「メタボリック」と判定された方を指導対象として健保組合から指名する方に「特定保健指導」を受講していただきます。

4.市町村の住民健診を受診する場合(被扶養者のみ)

1

市町村によっては健康保険組合の被保険者である者の被扶養者の場合、「特定健康診査」が受診できないことがあります。
受診可能か否かを事前に確認してください。

2

受診できる場合、「受診券」が必要となるため、事前に「受診券」の発行を健保に要請してください。
「受診券」がないと受診できません。

3

健診費用は直接健保に請求されます。
受診者本人が精算する必要はありません。

健診機関

契約健診機関一覧表
「健保からのお知らせ」欄に最新版が添付されています。

特定健康診査等実施計画

新しい健診・保健指導(特定健診・特定保健指導)

当健保の実施の流れ

このページの一番上へ