特定健診・特定保健指導
特定健診特定保健指導の流れ

特定健診・特定保健指導が始まります

年度中に30歳以上となる被保険者と被扶養者を対象に実施します。

健康診査

STEP1 特定健診を受ける

人間ドックで詳細な健診を受けましょう!

費用負担等につきましては各種健診の案内を参照ください。

主婦健診の受診でも特定健診の要件を満たしています。

検査結果を分析(階層化)

STEP2 特定健診結果より階層化

特定保健指導の階層化基準

内臓脂肪型肥満(腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定します)

内臓脂肪型肥満A

腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上

内臓脂肪型肥満B

腹囲:男性85cm未満、女性90cm未満

かつBMI:25以上

追加リスク(健診結果・質問票より追加リスクをカウントします)

(1)血糖

空腹時血糖値100mg/dl以上またはHbA1c5.6%(NGSP値)以上

(2)脂質

中性脂肪150mg/dl以上または

HDLコレステロール40mg/dl未満

(3)血圧

収縮期血圧(最高血圧)130mgHg以上または

拡張期血圧(最低血圧)85mgHg以上

(4)喫煙暦

(1)〜(3)のリスクが1つでもある場合にリスクとして追加

保健指導レベル

動機付け支援

内臓脂肪型肥満Aでリスクが1つ、
内臓脂肪型肥満Bでリスクが1つ〜2つ

積極的支援

内臓脂肪型肥満Aでリスクが2つ以上、
内臓脂肪型肥満Bでリスクが3つ以上

保健指導

STEP3 該当者は保健指導を受ける

特定健診の結果から、生活習慣病を発症する可能性が高く、生活習慣病を見直すことによって予防効果が高く期待できる方に対して、生活習慣改善の目標を立て、実行していただけるよう保健師、管理栄養士等の専門家が6か月間サポートします。

費用は健保が全額負担します。

保健指導対象者となられた方に保健指導案内や初回面談の連絡をいたします。

評価

STEP4 保健指導の効果を確認する

6カ月後に効果を確認(評価)します。

次年度検診

次年度も健診を受けましょう。

このページの一番上へ